« お金のメンタルブロックの外し方講座 | トップページ | 潜在意識を活性化し学びを加速する速読法『加速読み』ホームエクササイズ »

2017年8月12日 (土)

【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム





【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム


今から勉強しても時間がないから無理だと思っている。
張り切っていろいろな教材を買ったけど、膨大なページ数を見たら、一気に気が遠くなった。
仕事が忙しくて勉強をする時間がない。何もできないまま時間だけが過ぎていく。
何度も同じところで間違えて自信喪失、トーンダウンしている。
正直、何から手をつけていいのかわからない。時間だけが過ぎ、毎日焦りだけが襲ってくる。
知らない専門用語ばかりで、何が書いてあるのかチンプンカンプン。
試験日はどんどん迫ってくるのに勉強に身が入らない、どうしたらいいの?
介護福祉士試験の広い試験範囲と出題傾向をご覧になったことはありますでしょうか?

この膨大な試験範囲を見て、気が遠くなったという人がいるのも無理はありません。

介護福祉士試験は、技術や知識面だけではなく、コミュニケーションについての問題も多くでることが特徴となっており、また、法律や制度、制作についても出題されるため、介護福祉法だけではなく、衛生士法、理学療法士や作業療法士法などの制度についても勉強する必要があります。

この量を独学で勉強し続けるには、膨大な時間と、強い忍耐力が必要です。

ですが仮に、試験範囲の知識を丸暗記できたとして、
介護福祉士試験に必ず合格できるのでしょうか?

介護福祉士試験の方式は、5択の中から正しいもの1つを判断する形式のものです。
しかも、1問にかけられる時間は2分もありません。

このような試験の場合には、丸暗記するということが非効率な場合もあります。

特に、試験までの時間が限られている人にとっては、
勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右するといっても過言ではないでしょう。

短期間の勉強で、介護福祉士試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

そこで、誰でも短期間の勉強で介護福祉士試験に合格できるように

2017年の介護福祉士試験対策向けに開発したのが「東大式記憶術 介護福祉士試験一発合格脳プログラム」です。

このプログラムは、2010年から販売を開始しており、大好評の「東大式記憶術 ケアマネ試験一発合格能プログラム」をベースに開発したものになります。

実際に、このプログラムを使って、ケアマネ試験に合格した方の声をご覧くださいませ。



>>>【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム




« お金のメンタルブロックの外し方講座 | トップページ | 潜在意識を活性化し学びを加速する速読法『加速読み』ホームエクササイズ »

資格取得」カテゴリの記事

おすすめ人気サイト

無料ブログはココログ