« 離婚調停成功マニュアル+音声パック | トップページ | ワンちゃんの問題行動が1日で解消!狩野誠の「愛の家庭犬しつけ法」 »

2017年6月22日 (木)

うつ病で労災認定を受ける方法


うつ病で労災認定を受ける方法


労災認定されれば、生活費の心配は一切ありません

ーうつ病で労災認定を受ける方法ー


月100時間を超える長時間労働、
パワハラ、セクハラの結果うつ病となった。
このような場合、傷病手当金を申請していませんか?
労災認定を受ける方法があります。
あなたはその方法に興味はありませんか?


プロがうつ病で労災認定を受けるコツを伝授!


あなたは次のような経験はありませんか?


「うつ病にかかったが自分の考えでは、
職場のストレス以外に原因が考えられない。」

…これはやはり労災ではないだろうか?


「時間外労働が毎月100時間近くある、休日出勤も当たり前である。
この結果、うつ病となった。」

…これはやはり労災ではないだろうか?


「パワハラ、セクハラを受けたためうつ病と診断された。」

…労災申請したいが、どうすればいいのだろうか?


このような疑問を持ちながらも、先に進めない方が
多いのではないでしょうか?


申し遅れました。私は、特定社会保険労務士の三嶋道明と申します。


私は、うつ病等精神障害を患っていらっしゃる方のために、

傷病手当金の受給相談、障害年金の受給相談、

労災認定を受ける相談を中心に業務を行っております。


これらの業務に携わり8年以上の経験があります。


うつ病等の精神障害に関する労災認定に関する有料での相談は、
180件以上受けました。(平成27年4月1日現在)


顧問先の従業員の精神障害による労災代理申請の経験はもちろん、

労働保険審査会(東京都港区)で、うつ病による精神障害の労災認定に
関する「再審査請求」の代理人として、申立を行った経験もあります。


個人からも労災申請代行で労災認定に成功した経験もあります。




このマニュアルを読むことで、あなたは次のような情報を入手することが出来ます。


 うつ病等の精神障害で労災認定される過程が一読して、理解出来ます。


 うつ病等の精神障害で労災申請する具体的な手順を知ることが出来ます。


 うつ病等の精神障害で労災申請書を提出し、支給・不支給通知書が送付されてくるまでの一連の流れ及び注意点が理解出来ます。


 うつ病等の精神障害で労災申請する際、休業補償給付支給請求書、療養補償給付請求書、障害補償給付支給請求書はどう書けば認定され易いか、そのポイントを知ることが出来ます。


 うつ病等の精神障害で労災申請した本人に対して行われる事情聴取の内容を知り、その際の注意点を知ることが出来ます。


 うつ病等の精神障害で労災認定を受けるための具体的なノウハウを知ることが出来ます。


 パワハラで労災認定を受けるための具体的なノウハウを知ることが出来ます。


 セクハラで労災認定を受けるための具体的なノウハウを知ることが出来ます。


 過重労働(長時間労働)で労災認定を受けるための具体的なノウハウを知ることが出来ます。


 被災労働者が主張する時間外労働時間数と会社側が主張する時間外労働時間数は異なるのが、一般的です。

   このような場合、労働基準監督署は、どのようにして時間外労働時間数を確定するのか、 その方法を知ることが出来ます。


 過重労働(長時間労働)の計算方法は、精神疾患の労災認定の場合、労働基準法上の時間外労働と計算方法が異なります。

   精神疾患の労災認定における時間外労働時間数の計算方法を知ることが出来ます。


 裁量労働制、事業場外みなし労働時間制、変形労働時間制、フレックスタイム制を採用している場合の過重労働(長時間労働)の計算方法を知ることが出来ます。


 いわゆる「持ち帰り残業」の際の過重労働の考え方や「出張」の際の労働時間の取り扱いを知ることが出来ます。


 発病直前の1週間に40時間以上の時間外労働、2週間に80時間以上の時間外労働は、極度の長時間労働になるのか否かを知ることが出来ます。


 精神疾患の症状が固定し、一定の障害状態が残れば、障害補償給付を請求することが出来ますが、障害補償給付の基礎となる後遺障害の認定基準について、詳しく知ることが出来ます。


 購入者様ごと、個別のケースに対応した無料メール相談・無料電話相談で、労災認定をサポートします。


あなたはこのマニュアルを読み、私の全面的なサポートを受け、
労災認定を受けることで、解雇の心配なく、治癒に至るまで療養に
専念することが出来ます。


金銭的には、治療費の負担がなくなり、休業補償として傷病手当金より
多くの給付を得ることで生活費の苦労からも解放されます。


さらに、労災認定を受けることで、会社から健康配慮義務違反で
「慰謝料」を受領することも可能となります。



>>>うつ病で労災認定を受ける方法





« 離婚調停成功マニュアル+音声パック | トップページ | ワンちゃんの問題行動が1日で解消!狩野誠の「愛の家庭犬しつけ法」 »

自己啓発」カテゴリの記事

おすすめ人気サイト

無料ブログはココログ